ライアン小川 苦しい3回6失点 真中監督「ちょっと打たれすぎ」

[ 2017年2月26日 05:30 ]

オープン戦   ヤクルト0―6ロッテ ( 2017年2月25日    浦添 )

<ヤ・ロ>3回無死、ダフィーに左越えソロを浴びた小川
Photo By スポニチ

 開幕投手を務めることが有力なヤクルト・小川は、変化球の制球に苦しんだ。先発で3回を8安打6失点。2回にパラデス、3回はダフィーに本塁打を許した。

 変化球を制球しきれず「真っすぐを狙われてしまった」。2回までに5点を失い、「序盤にああいう形(大量失点)になってしまうと、試合が決まってしまう」と猛省。信頼こそ揺るがないが、真中監督も「ちょっと打たれすぎかな」と発奮を促した。

 ▼ヤクルト・石川(2回2安打無失点で3三振も奪う)オープン戦でも、どんな試合でも抑えたい。長い回を投げることも含めて、いろいろと試していきたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年2月26日のニュース