藤浪 侍スタイルで1回0封 カット、ツーシームの早い変化球主体

[ 2017年2月26日 05:30 ]

2017侍ジャパンオープニングマッチ   侍ジャパン0―2ソフトバンク ( 2017年2月25日    サンマリン宮崎 )

<侍ジャパン・ソフトバンク>6回無死、中村を二ゴロに打ち取り胸を張る藤浪
Photo By スポニチ

 「侍スタイル」の試運転は上々だ。侍ジャパン・藤浪は3番手で1点ビハインドの6回に登板。直球ではなく、カットボール、ツーシームという球速の速い変化球主体に1回を無安打に抑えた。

 「四球は反省ですけど、(今宮への)ツーシームはああいう使い方ができればいいと思います」

 当初は28日の台湾プロ選抜戦(ヤフオクドーム)で投げるプランもあったが、予定が変わり、この日に練習試合初登板となった。1番・中村晃、2番・今宮、3番・柳田と代表級の相手と対峙(たいじ)。中村をスライダーで二ゴロに仕留めると、今宮には内角をえぐる144キロのツーシームで遊ゴロ。WBC球で格段に変化が鋭くなった“新宝刀”の威力は抜群だった。柳田には四球を与えたが、盗塁死を誘い打者3人で終えた。

 荒れ球のイメージを一新し、宜野座キャンプ中から見せている新スタイル。「面白くない。アイツはもっと荒れていい」と辛口だった権藤投手コーチも「相変わらずまとまっている。去年とは別人。カットボールとかでもストライクが取れるんだから、一回り大きくなって来たということじゃないか。確かにモノが違う」と、ついに脱帽した。

 慣れない中継ぎ登板にも「なかなか中継ぎの準備はわからないけど、長い期間やるわけじゃないし、先発の時と同じ球数を投げて準備しました」と自己流の調整法を披露。猛虎のエースが侍投手陣の中で、存在感が増している。 (山添 晴治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年2月26日のニュース