中日 “苦手”広島に逆転勝ち 2年目・木下拓V打、又吉4回1失点

[ 2017年2月26日 05:30 ]

オープン戦   中日4―1広島 ( 2017年2月25日    北谷 )

<中・広>7回1死二塁、木下拓は左中間に勝ち越しの適時二塁打を放つ
Photo By スポニチ

 中日が広島とのオープン戦初戦で逆転勝ち。昨季7勝17敗1分けと大きく負け越したリーグ覇者を相手に「初陣」を飾った森新監督は「そりゃあ、負けるより勝った方がいい」と笑顔で話した。

 打っては正捕手を狙う2年目の木下拓が1―1の7回に左中間フェンス直撃の勝ち越し適時二塁打。先発に挑戦している4年目右腕・又吉は4回を3安打1失点。「先発の枠に入れるようやっていきたい」と力を込め、森監督も「1点で抑えてくれれば試合はつくれる」と評価した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年2月26日のニュース