DeNAドラ9佐野 波留以来23年ぶり!球団新人OP戦初打席本塁打

[ 2017年2月26日 06:40 ]

オープン戦   DeNA5―3巨人 ( 2017年2月25日    沖縄セルラースタジアム那覇 )

<巨・D>6回1死、佐野は右中間へ本塁打を放つ
Photo By スポニチ

 DeNAドラフト9位の佐野(明大)がオープン戦初戦の初打席で本塁打を放った。

 途中出場し、6回に桜井の141キロ直球を右中間に運び「思い切ってやろうと強く振った最高の結果」と白い歯をこぼした。球団の新人のオープン戦初打席本塁打は94年の波留以来23年ぶり。ソフトバンクの佐々木3軍監督を叔父に持つ22歳は、17日のヤクルトとの練習試合(浦添)でも左越え弾を放っており「アピールしたい。開幕1軍、そして1軍定着を目指す」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年2月26日のニュース