ロッテ新助っ人コンビ アベック来日初アーチ 伊東監督一安心

[ 2017年2月26日 05:30 ]

オープン戦   ロッテ6―0ヤクルト ( 2017年2月25日    浦添 )

<ヤ・ロ>2回2死一、二塁、パラデスは右越え3ランを放つ
Photo By スポニチ

 ロッテのパラデスとダフィーの両新外国人が、オープン戦初戦に「来日初アーチ」で競演した。

 2―0の2回2死一、二塁で、まずはパラデスだ。ヤクルト・小川のチェンジアップを振り抜き、打球は右翼席へ。実戦5試合17打席目で生まれた来日1号に「いい打席だった」と笑顔。デスパイネが抜けた4番候補として期待の助っ人は「できるだけ多く打ちたい」と意欲を見せた。

 3回にはダフィーが左中間最深部へ特大弾。実戦5試合14打席目にして生まれた初安打が初本塁打。映像を見ることや、ベンチで相手投手を観察するなど勉強熱心。チーム内で顔が似ていると評判の大嶺祐の先発試合でキッカケをつかみ「開幕に向けて一日、一試合、一打席を大事にやりたい」と話した。試合後の伊東監督も「よかったよ。どうなるかと思ったけど…。今後につながっていく」と一安心だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年2月26日のニュース