真中監督 中止にも「仕方ない」 仕上がりには納得「いいキャンプになった」

[ 2017年2月26日 14:26 ]

 ヤクルトの真中監督は、キャンプ地での最後の実戦の広島とのオープン戦が中止となり「やりたかったけど仕方ない」と残念そうだった。ただ、ここまでの仕上がりには納得の様子で「一人一人がしっかり目的意識を持って、いいキャンプになった」と話した。

 「4番・左翼」で出場予定だったバレンティンはWBCオランダ代表に選ばれており、3月1日に合流する。調整は順調なようで、室内での打撃練習では鋭い打球を連発。「スイングもいいし、準備はできている。WBCでいい活躍ができれば」と力強かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年2月26日のニュース