侍・大野 武田を好リード「途中から良くなった」

[ 2017年2月26日 05:30 ]

2017侍ジャパンオープニングマッチ   侍ジャパン0―2ソフトバンク ( 2017年2月25日    サンマリン宮崎 )

<侍ジャパン・ソフトバンク>初回を投げ終え、大野(左)と話しながらベンチに戻る武田
Photo By スポニチ

 侍ジャパン・大野が「8番・捕手」で出場して先発・武田を好リード。「武田は途中から良くなった。ひと通りの球種を投げさせようと思った」と納得の表情を浮かべた。

 嶋がふくらはぎの張りで、扇の要として大野にかかる期待は大きい。計3盗塁を許したが、6回は柳田の二盗を阻止。バッテリー間にやや課題を残したが「今日の結果は気にしていない」と淡々と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年2月26日のニュース