内川と交錯の斐紹「突然だった」…王さん、工藤監督も心配

[ 2017年2月26日 05:30 ]

2017侍ジャパンオープニングマッチ   ソフトバンク2―0侍ジャパン ( 2017年2月25日    サンマリン宮崎 )

<侍ジャパン・ソフトバンク>8回無死一塁、打者走者の斐紹(左)と一塁ベース上で交錯する内川
Photo By スポニチ

 ソフトバンク側も内川の状態を気遣った。内川と交錯した斐紹は「突然だった。前を向いて走っていたので、どうにもできなかった」と振り返る。

 8回裏の守備はこなしたが、自身も左手を強打したようで、アイシングしながらバスに乗り込んだ。工藤監督も「内川くんのことが心配。大きいことになっていなければいいけど…」とチームの勝利よりも、侍ジャパンでも大黒柱となるベテランの状態を気にかけていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年2月26日のニュース