大地 主将は継続「自分が一番頑張る」“副将”に角中

[ 2017年2月1日 05:41 ]

室内練習場でキャッチボールする鈴木
Photo By スポニチ

 今季も鈴木がロッテの主将を務めることが正式に発表された。主将4シーズン目の鈴木は「自分が一番頑張ること。声を出したり行動したり、基本的なことですが変わらずやっていきたい」と背中で示していく。

 また、伊東監督は「お目付け役に…」と角中を副将的な立場に指名したことを公表。「大地(鈴木)のサポートの意味もあるし、自分から発信していってもいい。看板選手になりつつあるので、チームのことも考える存在」と説明した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年2月1日のニュース