福良監督 早くもリタイアの奥浪をバッサリ「置いて行かれる」

[ 2017年2月1日 06:55 ]

社殿に入る福良監督、T−岡田らオリックスナイン
Photo By スポニチ

 オリックス・福良監督がキャンプ初日を前に、早くも鬼軍曹になった。この日、プロ4年目を迎える奥浪が、体調不良を訴え急きょ宮崎入りをキャンセル。いきなりの“リタイア1号”に、不快感をあらわにした。

 「あした(1日)から始まるのに。どうなのかなと思うよ。こういうことをしていたら置いて行かれるということです」

 温厚な人柄で知られる福良監督がギラリと目を光らせた。奥浪の体調管理を含む甘さを指摘した。奥浪は2軍スタートだったとはいえ、指揮官をはじめとする首脳陣が期待する右の長距離砲。今後は回復次第キャンプに合流する見込みだ。

 全体ミーティングでは、チームにハッパを掛けた。指揮官は「去年がああいう状態(最下位)でしたから、今年はやってやる、というのはありますよ」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2017年2月1日のニュース