ハム新助っ人エスコバー 笑顔の入団会見 栗山監督、2桁勝利「間違いない」

[ 2017年2月1日 07:41 ]

入団会見を行った日本ハムのエドウィン・エスコバー(右)。左は栗山英樹監督
Photo By スポニチ

 日本ハムは31日(日本時間2月1日)、2月1日からの春季キャンプ地であるアリゾナ州ピオリアで前インディアンスのエドウィン・エスコバー投手(24)の入団会見を行った。

 ベネズエラ出身の左腕は1メートル88、102キロの体格を生かしたダイナミックな投球が持ち味で、直球の球速は常時150キロ前後。14年にレッドソックスでメジャーデビューを果たし、昨季はダイヤモンドバックスで25試合に登板して1勝2敗、防御率7・23だった。

 数年前から日本のプロ野球に興味を持っていた24歳は「素晴らしいチームの一員になれてうれしい」と笑顔。会見に同席した栗山監督は「間違いなく(先発で)2桁は勝ってくれる思う」と大きな期待を寄せた。1年契約、年俸9000万円プラス出来高払いで背番号42。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年2月1日のニュース