アスレチックス連続14勝右腕グレイ 米代表でWBC初参加

[ 2017年2月1日 05:30 ]

 WBCの米国代表にアスレチックスのグレイが初めて参加すると、大リーグ公式サイトが伝えた。27歳の右腕はア軍のエース。昨季は右上腕部の張りで故障者リスト入りするなど5勝11敗に終わったものの、開幕投手を務めた14、15年に2年連続で14勝を挙げている。

 同国代表の先発陣は昨季16勝を挙げたロアーク(ナショナルズ)、12勝のダフィー(ロイヤルズ)、レイズのエース右腕アーチャー、ストローマン(ブルージェイズ)が出場予定。強力投手陣で初優勝を目指す。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年2月1日のニュース