中日 ドラ3木下がアピール 大場から本塁打「球は見えていた」

[ 2016年2月6日 18:47 ]

打撃練習する中日・木下

 中日のドラフト3位新人捕手の木下(トヨタ自動車)が打撃でアピールした。投手陣が初めて打撃投手を務めたフリー打撃で、大場から左翼席へ本塁打を放つなど鋭いスイングを見せ「まだ差し込まれることも多かったけど、球は見えていた」と納得の口ぶりだった。

 加藤チーフ打撃兼野手総合コーチは「もうちょっと駄目かと思ったけど、いいよ。ついて行けている」と評価。守備では谷繁監督が捕球技術の高さを認めており、正捕手不在のチームにおいて、存在感は日々増している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年2月6日のニュース