オリックス、山田臨時コーチが指導、横手投げ転向の高木は感謝

[ 2016年2月6日 19:52 ]

オリックスの臨時コーチとして、ブルペンで高木(右)の投球練習を見守る山田久志氏

 通算284勝を挙げている球団OBの山田久志氏がオリックスの臨時コーチとして指導し「目に付く若手が何人かいた。非常にいい一日だった」と充実した様子だった。

 昨秋から横手投げに変えた高木を約1時間の個別指導。身ぶり手ぶりでフォームの改善に取り組み「まだまだサイドの投げ方を理解していない。理解して投げ込んでいけば良くなる」とエールを送った。高木は「後ろの脚を残した方が腕を振れると言われた。話しやすかった」とアドバイスに感謝した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年2月6日のニュース