オリドラ1吉田正 宮崎牛で英気 1軍昇格目前「第一印象が大事」

[ 2016年2月6日 05:30 ]

安井息軒の生家の前でポーズを取る(左から)吉田正、大城、吉田凌、鈴木昴、杉本、赤松、塚田、赤間、佐藤世、青山、近藤大

 へんとう炎で離脱中の角屋をのぞくオリックス新人11選手が、キャンプ地「SOKKENスタジアム」の由来になった儒学者・安井息軒の生家や関連資料館を見学した。

 昼食には、和牛オリンピックで2年連続日本一となった宮崎牛でバーベキュー。ドラフト1位の吉田正(青学大)は「初めて食べたけどおいしいです」と頬を緩ませ、6日に控える1軍昇格へ「第一印象が大事」と気合を入れた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年2月6日のニュース