【キヨシ 筒香を直撃2】ゴジラ流すり足で優勝して2次会呼びます

[ 2016年2月6日 10:35 ]

ほとんどすり足に近い筒香の今季の打撃フォーム

 中畑 タイミングの取り方変えたね。ドミニカで変えたんだって?

 筒香 もっとシンプルにしたいというのがあったんです。速いストレートに対して無駄な動きが入ると全部差し込まれるので。

 中畑 前は足を上げてタイミング取ってた。それで結果を出したのに。

 筒香 足を上げてから打ちにいく、粘りというか左足の意識、感覚は変えてないんですけど、足をあまり上げずにその感覚が出るように…。

 中畑 ほとんどすり足じゃない。その方が安心感があるっていうこと?

 筒香 ブレが少ないって感じが凄いあるんで、ボールも今まで以上によく見えるんです。

 中畑 松井秀喜も最初一本足で打ってたんだ。臨時コーチを頼んだ張本勲さん(スポニチ本紙評論家)がすり足にさせようとして松井は拒否するんだけど、最終的にはすり足にして大成功した。ごうが早いうちに、すり足に近いタイミングをつくったことで、また生まれ変わるような気がする。首位打者争いをするような…。手応えはどう?

 筒香 こっちの方が全然いいです。

 中畑 去年、キャプテンマークつけて4番を打ち続けたじゃない。俺が要求したんだけど。けっこうきつかったと思う。自分の中でどうコントロールしてた?

 筒香 打てなかったりミスして落ち込んだ姿をロッカーで見せたらチームの士気に影響するし、よくないなと。中畑さんに言われたように、引いたミス、攻めないミスというのは絶対やめよう、球場ではそういう姿を見せないようにしようと思ってました。

 中畑 凄く意識してたよね。明るく振る舞ってロッカーでも大きな声を出して笑ったり、バカやって…。凄く変わってきたなと感じてた。あと自分の中で努力した部分を言える範囲で教えて。

 筒香 先輩の方が多いんですけど、後輩に声を掛けるタイミングは意識しました。悩みに入ったくらいの時に声を掛けても響かない。落ちすぎてる時だと間に合わないし…。ちょうど相手が欲している時に声を掛けるよう意識しました。

 中畑 キャプテン2年目の今年はどうトライしていく?

 筒香 プレーで引っ張っていくのは当たり前。あとは全員が同じ方向を向いて戦っていくことが大事じゃないかと。士気が下がるようなことをする選手がいたら、その人が先輩でも話したいなと思ってます。

 中畑 いいねえ。キャプテンの立場としては、そうじゃないとね。今度は一人のプレーヤーとして数字的な目標は?

 筒香 今年は最低でも3割、30本、100打点は打って、絶対優勝してビールかけをして、2次会には中畑さんに来ていただきたいと思います。

 中畑 ううっ、呼んでくれるのか…。サンキュー。ありがとう。楽しみにしてるよ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年2月6日のニュース