中日・吉見 今季に懸ける!2軍で初ブルペン、指揮官背番「27」球

[ 2016年2月6日 05:30 ]

2軍キャンプでブルペン入りした中日・吉見

 読谷で2軍調整中の中日・吉見が初めてブルペン入りした。

 捕手を中腰にさせて谷繁監督の背番号と同じ27球を投げ、「信頼を取り戻し、優勝して胴上げしたい」という思いを込めた。「5、6割」の力ながら球威は十分。降りしきる雨の音をかき消すようにミットを響かせた。昨秋に右肘を手術。「不安は正直ある。慎重に、焦らず、今年は自分の意志を貫いていきたい」。2月中は実戦を見合わせ、地道に着実に開幕を目指す姿勢を強調した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年2月6日のニュース