熊崎コミがソフトBキャンプ訪問 賭博、薬物問題で意見交換

[ 2016年2月6日 14:18 ]

 プロ野球の熊崎勝彦コミッショナーが6日、宮崎市生目の杜運動公園でキャンプを張っているソフトバンクを訪問。王貞治球団会長、工藤公康監督と意見交換し、賭博の再発防止策や薬物に対する拒絶姿勢、反社会勢力に対する遮断といった問題について話し合った。

 野球に関してはスピーディーな試合達成、さらにホームベース上のクロスプレーについてのルール改正についても言及したという。コミッショナーは今後、他の11球団のキャンプ地を訪れ、同様の意見交換をする予定になっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年2月6日のニュース