清原容疑者の母校 PL学園関係者「コメントする立場にない」

[ 2016年2月6日 07:10 ]

覚せい剤所持で逮捕された清原容疑者

 清原和博容疑者の母校であるPL学園(大阪府富田林市)では、関係者が「学校としてコメントする立場にはない」と語るにとどまった。

 清原容疑者が在学していた83~85年、野球部は5季連続で甲子園に出場。しかし、現在は新入部員の募集を停止しており、部は存続危機にある。現在の部員は新3年生の12人のみ。同関係者は「12人で努力をしている最中ですから」とした。清原容疑者が卒業してから30年がたっていることもあり部員、在校生らに大きな動揺はないとみられる。

 野球部は新3年生を最後に活動を停止する形になるが、将来の部員募集再開の可能性も含めて「廃部ではなく、休部扱いという認識です」(関係者)という。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年2月6日のニュース