広島 安仁屋臨時コーチが投げ込み力説、夜は「パーっとやれ」

[ 2016年2月6日 18:41 ]

広島・緒方監督(右)と話す安仁屋臨時コーチ

 広島の日南キャンプ6日、第2クールがスタートし、OB会長でもある安仁屋宗八臨時コーチ(71)も合流した。

 ブルペンなどで精力的に指導した安仁屋氏は、「昔のカープで投げ込みといえば、300球が普通だった。今投げ込まないと、いつ投げ込むのか」と投手陣に投げ込みを求めた。

 また、「夜は飲み屋街にいって、パーっとやればいい。ためこむのはよくない。ファンとの会話がヒントになるときだってあるんだから」と経験をもとにアドバイスした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年2月6日のニュース