武者修業の経験忘れない 筒香 グラブに国旗刺しゅう

[ 2016年2月6日 10:41 ]

ドミニカ共和国の国旗が刺しゅうされた筒香のグラブ

 DeNA・筒香が今季からドミニカ共和国の国旗の刺しゅうを入れたグラブを使用することが分かった。昨季から使用していたグラブメーカーのアイピーセレクト社とパートナー契約を締結。3日に試作品が届き、本人も「めっちゃいいですね」と気に入っていたという。

 新たなモデルは、ドミニカ共和国のカラーをイメージした青地に赤のひもで、背面に同国の国旗の刺しゅうを施した。通常は製作担当者にデザインを一任しているというが、この刺しゅうは筒香が「ドミニカの国旗は入りますか」と要望したものだという。筒香は昨年12月にドミニカ共和国のウインターリーグに参加。「野球に対するポジティブな姿勢が勉強になった」と話していた。その経験を相棒であるグラブに刻む。

 また、同社の販売権を持つプロスペクト社とのマネジメント契約も締結。「パフォーマンス向上のための環境作り」のサポートを得て、さらなる高みを目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年2月6日のニュース