田沢 ピンチ断って3年連続60試合登板「まだ終わってないので」

[ 2015年9月9日 12:47 ]

8回、三直を処理したサンドバルとタッチするレッドソックスの田沢(AP)

ア・リーグ レッドソックス1―5ブルージェイズ

(9月8日 ボストン)
 レッドソックスの田沢は8日(日本時間9日)、ボストンで行われたブルージェイズ戦で8回1死一、二塁から5番手で登板し、2/3回を無安打無失点に抑えた。チームは延長戦の末、1―5で敗れ、連勝は4でストップした。

 3年連続60試合登板となった田沢は1―1の8回1死一、二塁のピンチでマウンドへ。6番コラベロを沈む球で空振り三振に斬ると、続くピラーを三直に打ち取り、無失点で切り抜けた。

 ▼田沢の話(先頭に安打を許しながら1回を0点に抑えた)前回の投球よりは納得できるかな。(3年連続の60試合登板は)まだ終わってないので、シーズンが終わってから考えたい。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年9月9日のニュース