地元のスター獲得へ中日「高橋が一番」阪神GMも「上位間違いない」

[ 2015年9月9日 06:25 ]

プロ志望届を出した県岐阜商の高橋
Photo By スポニチ

 県岐阜商の152キロ右腕・高橋純平投手(3年)のプロ志望表明を受けて、中日は地元のスター選手獲得に乗り出す構えだ。

 中田宗男スカウト部長は「スカウト部では高橋純平が一番という考えで一致している。地元というのもあるし、潜在能力も一番だが、何よりもスター性がある」と力説した。落合ゼネラルマネジャー(GM)が大学、社会人の即戦力投手を高評価していることもあり、最終決定はまだだが、競合覚悟で1位指名する可能性が高い。

 また阪神・中村勝広GMは「これから検討するが上位候補であることは間違いない」と明言。左太腿の故障歴はあるが「肩、肘でないので不安視はしていない。下半身を鍛えればもっと伸びしろはあるし、投球術もある」と高く評価している。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年9月9日のニュース