岸 10K粘投で5勝目!増田がプロ初セーブ

[ 2015年9月9日 05:30 ]

<西・オ>田辺監督(左)とハイタッチする岸

パ・リーグ 西武3―1オリックス

(9月8日 西武D)
 西武の岸が8回3安打1失点で5勝目をマークした。序盤から飛ばし、140キロ台後半の直球と得意のチェンジアップがさえた。

 3回に先頭のブランコに甘いカーブを先制ソロされたが、崩れない。粘りの投球で逆転を呼んだ右腕は後藤高志オーナーも観戦した試合で今季初の2桁となる10三振を奪った。

 ▼西武・増田(2点リードの9回2死一、二塁から最後を締めプロ初セーブ)準備はしていた。言われたところで投げるだけです。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年9月9日のニュース