青木 脳振とう治療の世界的権威の診察10日に決定

[ 2015年9月9日 05:30 ]

8月9日のカブス戦で頭部に死球を受けたジャイアンツ・青木(AP)

 ジャイアンツの青木が脳振とう治療の世界的権威、マイケル・コリンズ医師のもとで受ける診察の日付が9日(日本時間10日)に決まった。

 前夜に高地で気圧の低いデンバーからフェニックスに移動してきたが、「ちょっと良くなったが、(頭痛などの症状は)まだある」と説明。この日のダイヤモンドバックス戦でもベンチ入りせず5日に続いて脳振とうの簡単なチェックを受けた。ピッツバーグで受ける診察後はサンフランシスコに戻り11日(同12日)にチームに再合流する予定。「まずは診断を受けてから次の段階という感じ」と話した。(フェニックス・奥田秀樹通信員)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年9月9日のニュース