西武 水口を支配下登録 球界一の小兵「小回り利くところを見て」

[ 2015年7月23日 13:04 ]

育成から支配下登録され、背番号「00」のユニホームで笑顔を見せる西武・水口

 西武は23日、育成選手の水口大地内野手(26)と支配下選手契約を結んだと発表した。背番号は「123」から「00」に変更となる。

 水口は長崎・大村工、四国九州アイランドリーグの長崎、四国アイランドリーグplusの香川を経て、2012年育成ドラフト1位で西武に指名され入団。今季はイースタンリーグで49試合に出場し、打率・341、9盗塁の好成績を残したことから今回の契約となった。走攻守そろったユーティリティー・プレーヤーとして期待される。

 水口は「少しでもチームの勝利に貢献できる選手になりたい」とコメント。身長は1メートル63で、DeNAの内村と並んで12球団中もっとも背の低い選手となるが、「大きい人より小回りが利くのでそういうところを見てもらいたい」と意気込んだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年7月23日のニュース