楽天 バーンと球団新19点!リーグワースト打線が爆発

[ 2015年7月23日 05:55 ]

<日・楽>19点!試合後、大勝した楽天はハイタッチ

パ・リーグ 楽天19-6日本ハム

(7月22日 札幌D)
 球団の歴史を塗り替えたのは、ベテランの一振りだった。17―3の6回2死二、三塁。楽天・松井稼が鍵谷の初球、150キロの直球を捉え、右翼フェンス直撃のタイムリー。2者が生還し球団新記録となる19点目を叩き出した。

 「流れで打たせてもらった。皆がつないでつないで、どんどん(塁に)出てくれたので僕が打たせてもらった」

 2回1死一、二塁では右前適時打、3回無死満塁でも右前適時打。タイムリー3本はいずれも進塁打を意識した逆方向の当たりで、大量リードでもチーム打撃に徹した。

 今季3度目の3安打猛打賞で4打点。日本通算2000安打まで残り5本とカウントダウンが始まった。昨年から外野手に転向し、コボスタ宮城での右翼守備では「(内野の時より)ファンとの距離が近くなったというのはある」と話す。24日からはコボスタ宮城でロッテと3連戦。本拠地・仙台での快挙達成を射程圏内に入れた。

 打線は初回に5点を先制し、2、3回は2イニング連続の打者一巡の猛攻を見せて序盤で大量17点を挙げた。チーム打率・245、291得点はまだリーグワーストだが、大久保監督は「超積極的にストライクを逃さず、自分のスイングができた人が多かった」と上機嫌に語った。

 チームは球宴を挟んで4連勝。3位・西武とは4・5ゲーム差と、その背中をはっきりと捉えた。 (徳原 麗奈)

 ≪1試合19点は球団新≫楽天が19―6で日本ハムに大勝。1試合19点は05年9月2日オリックス戦の18点を上回る1試合最多得点の球団新記録になった。楽天は球宴後の日本ハム3連戦に3連勝(15日西武戦からは4連勝)。楽天の後半戦開幕から3連勝は初めてだ。この日は松井稼が今季3度目となる3安打以上の猛打賞。日本での通算安打を1995本とし2000安打にあと5本と一気に減らした。また、通算猛打賞は173度目。こちらは歴代単独6位の立浪(中=175度)まであと2度に迫った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月23日のニュース