桐光 初先発2年・中川が好投 強打の戸塚打線を8回途中4失点

[ 2015年7月23日 05:30 ]

第97回全国高校野球選手権神奈川大会5回戦 桐光学園9―4戸塚

(7月22日 相模原)
 ここまで1試合平均8・75得点と強打の戸塚打線を相手に、サブマリンの桐光学園・中川が粘りの投球を披露した。

 12安打を浴びながらも7回0/3を4失点で要所を締め「期待には応えられたかなと思います」。1日150回のシャドーピッチングを繰り返して、下半身を強化。「フィニッシュで足がぐらつかなくなった」と制球力が増し、勝負どころで内角を攻めた。野呂雅之監督も「5回までいければいいと思っていたが、よく投げてくれた」と大会初先発の2年生を称えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月23日のニュース