日立製作所 元ロッテ荻野、3回5失点KOに「投げ切らないと」

[ 2015年7月23日 22:12 ]

<都市対抗野球 信越硬式野球クラブ・日立製作所>力投する日立製作所先発・荻野

第86回都市対抗野球大会第6日・1回戦 日立製作所5―9信越ク

(7月23日 東京ドーム)
 日立製作所は先発の荻野が初回に3ランを浴び、主導権を最後まで取り戻すことなく敗れた。プロ野球ロッテで活躍したエースは「しっかり投げ切らないといけない場面だった」と硬い表情だった。

 打者のバットが空を切り三振かと思われた投球がファウルと判定され、抗議で間が空いた直後。33歳の右腕は不満を口にせず「バッテリーが下だった」と認めた。3回にも2ランを打たれ、3回5失点で降板。和久井監督も「あれだけ打たれる荻野は見たことがなかった」と驚いた様子だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2015年7月23日のニュース