トヨタ自動車・木下 連続タイムリー 8回0封の佐竹を好リード

[ 2015年7月23日 05:30 ]

<トヨタ自動車・JR北海道>力投するトヨタ自動車先発・佐竹

第86回都市対抗野球第5日・1回戦 トヨタ自動車5―0JR北海道

(7月22日 東京D)
 トヨタ自動車・木下が初回、4回と2打席連続で適時打を放ち、4番の重責を果たした。「得点圏で回してくれたので、何が何でも走者を還すという気持ちだった。初戦の大事な場面でヒットが出てよかった」と安どの表情。

 捕手としても佐竹を8回2安打無失点に導いた。3巡目の対戦となった6回からは初球をカーブ、チェンジアップなど緩い変化球で入るなど的を絞らせない好リード。昨年の都市対抗で優勝した西濃運輸(大垣市)の補強選手として2完投を含む3勝を挙げた31歳右腕は「木下がうまくリードしてくれた」と感謝していた。

 ▼トヨタ自動車・西潟(6回1死二塁で打球を中堅手が見失い、2点ランニング本塁打)上がった瞬間に全力で走った。自分は怖いバッターにならないといけないので、初球からどんどん振っていきたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月23日のニュース