“清原の親戚”JR北海道・清原 力投もチーム敗退

[ 2015年7月23日 05:30 ]

<トヨタ自動車・JR北海道>力投するJR北海道4番手・清原

第86回都市対抗野球第5日・1回戦 JR北海道0―5トヨタ自動車

(7月22日 東京D)
 東北高、東北福祉大時代から“清原の親戚”と注目を集めたJR北海道の清原雄貴が4番手として登板。7回2死一、三塁のピンチでマウンドに上がると福田を一ゴロに打ち取り、8回も3人で仕留めた。

 1メートル77、83キロのがっしりした左腕は140キロ台のストレートに多彩な変化球を交え役目を果たした。「きょうはボールが多かったけど、四球を出さなかったのがよかった」と負け試合でも全力投球。プロ解禁の年だが「与えられた仕事をしっかりするだけ」とクールに話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2015年7月23日のニュース