エース温存も誤算…三菱重工名古屋 粘れず初戦敗退

[ 2015年7月23日 05:30 ]

<Honda・三菱重工名古屋>2回に4長短打で3失点の三菱重工名古屋・水野

第86回都市対抗野球第5日・1回戦 三菱重工名古屋1―6Honda

(7月22日 東京D)
 三菱重工名古屋は東海第6代表に滑り込んだ粘りが発揮できずに終わった。

 佐伯監督が悔やむのが2回の守りと3回の攻撃。ホンダ対策に下手投げの水野を起用したが4長短打を浴び3失点。逆に3回は相手失策もあり1点を返しなお無死二、三塁の絶好機をものにできなかった。「3回、1点返してクリーンアップでしょ。詰め切れなかったのが痛かった」。エース菊地温存は「チーム事情もある。僕の起用が間違っていたということです」と肩を落とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月23日のニュース