ハム西川 またもやサイクルお預けも…三塁打2本含む4安打

[ 2015年5月8日 21:41 ]

<オ・日>1回、右翼線に三塁打を放つ西川

パ・リーグ 日本ハム8―3オリックス

(5月8日 京セラD)
 日本ハムの西川遥輝外野手(23)が8日のオリックス戦(京セラD)で、4回で早くもサイクル安打に王手を掛けながら本塁打が出ず偉業達成はならなかった。

 それでも5打数4安打1打点、1四球と全打席出塁し、1盗塁も記録。「ちょっと(サイクル安打を)意識しましたけれど、チームのことを考えて謙虚に行こうと思って打席に立ちました」と語った。

 この日、西川は「1番・左翼」で先発し、初回の第1打席でいきなり右翼線三塁打を放ってチームの先制点に結びつけると、2回の第2打席は中前打。さらに4回の第3打席は右翼線適時二塁打を放って、サイクル安打に“王手”。6回の第4打席は、右中間を破る当たりでこの日2本目の三塁打を放った。

 注目が高まった6回の第4打席は、右中間を破る当たりでこの日2本目の三塁打。8回の第5打席は四球だった。

 西川は昨年の3月30日のオリックス戦で、あとは二塁打でサイクル安打記録達成だったが出ず「僕には程遠かった」と話していた。また、今年5月2日のロッテ戦でプロ初となる5安打をマーク。三塁打が出ればサイクル安打だったが達成ならず「ちょっと頭にあったが、それは早い」と語っており、“あと一歩”のところまで来ているようだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月8日のニュース