ヤクルト 大引、左内腹斜筋の肉離れで全治4~6週間

[ 2015年5月8日 18:58 ]

 ヤクルトは8日、大引が4日のDeNA戦の打撃で痛めた左脇腹の検査を受け、左内腹斜筋の肉離れと診断されたと発表した。全治4~6週間の見込み。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月8日のニュース