広島 松山、先制打含む3安打!復帰2戦目で存在感

[ 2015年5月8日 22:21 ]

セ・リーグ 広島8―3阪神

(5月8日 甲子園)
 広島の松山が今季2度目の3安打をマークした。3回は無死一、二塁から丸、新井が連続三振に倒れた直後に先制の左前打。「積極的にいい攻撃ができた」という一打を口火に、チームはこの回一挙5点を奪った。

 昨季も打率4割超と得意とし、今季も試合前まで3打数2安打と相性のいい藤浪からは2回と4回にもコースに逆らわずに安打を放った。左太もも裏筋挫傷で4月19日に出場選手登録を外れた5番打者が、復帰2戦目で存在感を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月8日のニュース