マリナーズ、シーガーと7年総額119億円で契約延長

[ 2014年12月3日 14:03 ]

 マリナーズは2日、カイル・シーガー内野手(27)との契約を21年まで7年総額1億ドル(約119億3000万円)で延長したことを発表した。

 「当分の間、マリナーズでプレーできることを私、そして家族は本当に光栄なことだと思っている。この球団は本当に素晴らしいからね」と大型契約に喜びのコメントを残したシーガーは今季159試合に出場して打率2割6分8厘、25本塁打、96打点をマーク。守っては三塁手として失策は8のみで守備率9割8分1厘と投打でチームを引っ張り、今夏のオールスターゲームにも初選出された。

 シーガーは09年にドラフト3巡目(全体82位)でマリナーズに入団。11年のメジャーデビュー以来、着実に力をつけてきての契約延長にズレンシックGMも「マリナーズ球団、ファン、シ―ガーの家族にとって最高の日となった。少なくとも今後7年間はチームの顔となる選手としてシーガーがプレーしてくれるなんて素晴らしい」と満足げ。

 さらに同GMは「シーガーは09年にチームに加入して以来、毎年成長している。そして、今やメジャーでも最高の三塁手の一人になった。球場の外でも素晴らしい人格を示している彼を我々は本当に誇りに思っている。これで目標であるワールドシリーズ制覇を狙える」と興奮を抑えられない様子だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年12月3日のニュース