岩隈トレード消滅 マ軍ア本塁打王獲得で14年ぶり地区V狙える

[ 2014年12月3日 05:30 ]

マリナーズが獲得したクルーズ(AP)

 マリナーズは1日(日本時間2日)、オリオールズからFAとなった今季ア・リーグ本塁打王のネルソン・クルーズ外野手(34)と4年契約で基本合意に達した。米メディアによると、総額は5800万ドル(約69億円)。

 今季は両リーグ最多の40本塁打で108打点をマークした大砲で、今オフ最大のテーマである右の強打者の獲得に成功した。

 マ軍は中軸打者の獲得に向けてトレードも画策。交換要員として複数球団から打診が届いていたのが、今季15勝を挙げた岩隈だった。しかし、米スポーツ専門局ESPNのベテラン記者、ジェーソン・スターク氏は今回の合意を受け、ツイッターで岩隈のトレードが事実上、消滅したことを指摘。某球団幹部に、岩隈について聞くと「選手を獲ることはあっても放出することはない」と答えたという。

 来季は打線の中心にクルーズが座り、ヘルナンデスと岩隈の2枚看板も健在。今季は1勝及ばずにプレーオフを逃したが、イチロー、佐々木が活躍した01年以来、球団14年ぶりの地区優勝への道が大きく開けた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年12月3日のニュース