オリ宮崎、120万円減…来季へ意識改革の真っ最中

[ 2014年12月3日 11:00 ]

120万円ダウンで契約を更改し、会見するオリックス・宮崎

 オリックスの契約更改交渉が3日、神戸市内で行われ、宮崎祐樹外野手(28)が120万円ダウンの1080万円で更改した。

 今季は4試合の出場にとどまり、わずか1安打。「自分が打っていれば勝っていた試合もあったと思う。優勝争いをしていたチームの中に入れなかったし、テレビで見ていて悔しい思いをした」と振り返った。

 結果を求められる場面でミスが多いことを反省し、今オフはメンタルトレーニングも重視。岡本2軍監督からも勧められ、本を読む時間をつくっている。「自分のあり方という本を読んだり、(中日GMの)落合さんや(元ヤクルトの)宮本さんの本を読んでいます」と意識改革の真っ最中。来季は、変身した姿を見せるつもりだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年12月3日のニュース