中日 投打の新助っ人獲得 森HCがドミニカ共和国で“発掘”

[ 2014年12月3日 05:30 ]

 中日が来季の新戦力としてキューバ出身のラウル・バルデス投手(37=ブルージェイズからFA)とドミニカ共和国出身のリカルド・ナニタ外野手(33=メキシカンリーグ)を獲得することが2日、分かった。この日までに合意に達した。

 バルデスは32歳でメッツでメジャーデビューした遅咲き左腕で、メジャー通算103試合で7勝7敗2セーブ、防御率5・13。左の先発候補として期待される。ナニタはメジャー経験はないが、現在、母国のウインターリーグの強豪「アギラス」に所属し、主に3番で活躍する左のアベレージヒッターだ。中日は森ヘッドコーチが先月末にドミニカ共和国に渡り、新外国人を探していた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2014年12月3日のニュース