広島・一岡 大幅アップも「故障の悔しさの方が大きい」

[ 2014年12月3日 05:30 ]

大幅アップに笑顔の一岡

 セットアッパーを中心に31試合に登板した広島・一岡が、1350万円増の2400万円でサインした。

 巨人にFA移籍した大竹の人的補償で入団。プロ3年目で初めて開幕1軍入りを果たすと、防御率0・58の好成績を残した。だが、右肩を痛めて後半戦で離脱し「故障の悔しさの方が大きい。来年もっと頑張らないと」とさらなる奮闘を誓った。またチーム最多の66試合に登板した中田は1600万円増の3000万円で更改した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2014年12月3日のニュース