ソフトB 今宮 自分で見てもスーパーキャッチは「奇跡のプレー」

[ 2014年12月3日 16:20 ]

<「第43回三井ゴールデン・グラブ賞」表彰式>トロフィーを受け取るソフトバンクの今宮(左)

 2年連続2度目の授賞となったソフトバンクの今宮健太内野手は、6月8日の阪神戦で見せたスーパーキャッチに関して「奇跡のプレーです」と振り返った。

 甲子園で行われた阪神戦の7回、上本が放った遊撃後方の飛球に飛びつき、グラブに収まりかけた打球は一度こぼれたが、落ちる寸前に、再びグラブを出して捕球。この日の表彰式でも各選手の好プレーを振り返るVTRで映像が流れ、報道陣から改めて感嘆の声が上がった。

 今宮自身が振り返っても「とっさに手を出して捕ったんですが、たまたま捕れた奇跡のプレーです」と謙そん。来季も同じような好プレーを期待されると「次は2度と弾かないようにしっかり1回で捕りたいと思います」と照れ笑いを浮かべた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2014年12月3日のニュース