ベテラン川井、脱“困った時のボブ”宣言 来季は開幕ローテ目標

[ 2014年12月3日 10:44 ]

仙台市内の球団事務所で契約を更改した楽天・川井

 楽天の川井貴志投手(38)が3日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、100万円減の年俸1800万円でサインした。

 「ボブ」の愛称で親しまれているベテラン左腕は「困った時のボブ」とも呼ばれ、ローテション投手不足などチームの窮地を救ってきたが、今季は8試合登板で1勝6敗、防御率4・69と振るわず「なかなか2勝目が挙げられず悔しかった」と振り返った。

 チームも昨季は日本一に輝いたが、今季は最下位に終わり「去年はオフが楽しかったけど、今年はすごく寂しい。あらためて(チームが)勝つことが大事だと思った」と話す。

 来季に向け、調整スケジュールを1カ月早めており、すでに恒例の断食も終了。「疲労を取ることも終わったし、あとは強化のみ。開幕ローテを目指したい」と“脱困った時のボブ”を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年12月3日のニュース