成瀬10年目でプロ初減俸 6勝止まりで10%減

[ 2013年12月10日 05:30 ]

プロ生活で初の減棒となった成瀬は表情も厳しく会見にのぞむ

 ロッテの成瀬が千葉市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、10%減の年俸1億4400万円でサインした。

 今季は4年連続開幕投手を務めながら左肩痛で6勝に終わり、2桁勝利も4年連続でストップ。「昨季に比べて、どの成績も下がっている」と10年目で初減俸となった。早ければ来季中に国内FA権を取得するが、今回交渉で複数契約の提示や残留要請はなかった。「FAを取ってどう感じるか分からないが、契約交渉を楽しみにできるように頑張りたい」と、最多勝と防御率のタイトル奪取を目標に掲げた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年12月10日のニュース