おかわり君「ライオンズ一筋」4年最大20億にニッコリ

[ 2013年12月10日 05:30 ]

4年契約を結び、特製大盛りチャーハンを前に笑顔を見せる中村

 西武の中村剛也内野手(30)が9日、所沢市内で契約更改交渉に臨み、3年契約の最終年だった来季から新たに4年契約を結び直した。来季は5000万円増の年俸3億5000万円プラス出来高払い。年俸は1年ごとに5000万円ずつ増え、4年間の総額は出来高払いを含めて最大で20億円となった。

 「(契約を)新たに結びました。4年です。ここ2年ケガをしていたのに、そういう契約をしていただいてありがたい」

 昨オフに左膝を手術し、今季はシーズン終盤に復帰。わずか26試合の出場で4本塁打に終わった。それでも「西武の顔」であることに変わりはない。球団は11年オフ、翌12年の国内FA権取得を見越して、3年10億円の契約を結んだ。今回も来季の契約切れを前に契約を結び直した。しかも、日本人選手では球団史上最長の4年を提示した。

 「日本最強のバッターになりたい。誰もが認めるような。この4年(契約)で最強になったら、60本も抜けるかもしれんね」。今後の最大の目標は、今季ヤクルト・バレンティンが樹立したプロ野球本塁打記録を塗り替えること。まずは大阪桐蔭の後輩でもある浅村から4番を奪い返し、本塁打王を奪回する。「(来季は)全ての成績でキャリアハイを目指したい」。会見を終えると、その足で自主トレに出向いた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年12月10日のニュース