ヤクルト一歩前進 尚成と交渉中「積極的に獲りにいく気持ち」

[ 2013年12月10日 06:36 ]

前ロッキーズ傘下3Aの高橋

 ヤクルトの新純生球団専務が、前ロッキーズ傘下3Aの高橋尚と交渉中であることを明かした。

 現状について「調査プラス交渉。獲りにいく気持ちでやっている。積極的にね」と説明。5日に衣川剛球団社長兼オーナー代行が「調べている段階」としていたが、一歩進んだ形だ。

 チームは中継ぎを中心に左投手の補強が急務。日本復帰を視野に入れている高橋尚は、起用法について「長いイニングを投げるのは得意だが、そこにこだわることはない」としている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年12月10日のニュース