千賀408%アップ3300万円 先発再転向を直訴

[ 2013年12月10日 05:30 ]

大幅アップで更改し笑顔を見せる千賀

 ソフトバンク・千賀は、約5倍増の大幅昇給だ。ヤフオクドーム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、650万円から408%アップの年俸3300万円でサインした。

 最速156キロを誇る育成出身の右腕は3年目の今季、救援で51試合に登板し、1勝4敗1セーブ、防御率2・40。34回1/3連続無失点の救援投手のリーグタイ記録をマークし、オールスターにも初選出された。「非常に高い評価をしてもらい、来年も頑張ろうと思った」と笑顔で話した。

 交渉の席で来季からの先発再転向を直訴した。「コーチには伝えています。僕の中では来シーズンから。秋山監督にアピールしたい」。昨季は2試合に先発し、0勝1敗、防御率9・64だったが、中継ぎを経験したことで大きな自信を手に入れた。来年1月の沖縄自主トレでは中日・吉見に弟子入りし、最多勝2度の右腕の哲学を吸収する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月10日のニュース