木田 BCリーグ石川残留、来季はGMも兼務

[ 2013年12月10日 05:30 ]

 独立リーグ、BCリーグの石川は9日、巨人や大リーグで活躍した木田優夫投手(45)が残留した上でゼネラルマネジャー(GM)も兼任すると発表した。

 木田は今年の独立リーグのグランドチャンピオンシップ優勝に貢献し、プロ野球復帰を目指して12球団合同トライアウトに参加したが、オファーがなかった。今後については「マイナーリーグのGMのように、いろんなことを見ていきたい」と話した。この日、チームは金沢市内の尾山神社でお礼参りを行い、来季も石川でプレーすることが決まったナックルボーラー、吉田えり投手(21)も参加した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年12月10日のニュース