メッツGM 松坂と再契約交渉へ 最後の3連勝評価「つながる可能性」

[ 2013年12月10日 11:18 ]

メッツが再契約に向けた交渉を行うことが明らかになった松坂

 メッツのアルダーソン・ゼネラルマネジャー(GM)は9日、フリーエージェント(FA)となった松坂大輔投手と再契約に向けての交渉を行う意向を示した。フロリダ州で行われているウインターミーティングで語った。

 アルダーソンGMは松坂について「これからにつながる可能性を見せてくれた。経験も豊富な投手。戦力として考えている」と評価。3連敗の後、3連勝でシーズンを終えたことを同GMはポイントに挙げた。

 今季の松坂は8月下旬にメッツに加わり、7試合に先発して3勝3敗、防御率4・42。最終戦終了後にGM自ら松坂のロッカーを訪れて労いのこと言葉をかけた。

 大好きな野球を「嫌いになりかけた」松坂も「メッツに拾われて感謝している来年につながるものを残せた」と振り返っていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年12月10日のニュース