トーリ氏が殿堂入り ヤ軍監督で4度Wシリーズ制覇

[ 2013年12月10日 00:25 ]

チャリティーイベントで松井(左)と笑顔を見せるジョー・トーリ氏

 米野球殿堂は9日、1973年以降の大リーグ拡張期に活躍した球界関係者の殿堂入り候補から、監督としてヤンキースを4度ワールドシリーズ制覇に導いたジョー・トーリ氏(73)が選出されたと発表した。アスレチックスとカージナルス3度ワールドシリーズ優勝のトニー・ラルーサ氏(69)、ブレーブスなどで監督通算2504勝を挙げたボビー・コックス氏(72)も選ばれた。

 トーリ氏は1940年7月18日、米ニューヨーク州生まれ。現役時代はブレーブスなどで活躍。メッツ、ブレーブスなどで監督を歴任した。96年から07年までヤンキースを指揮した。03年に入団した松井秀喜も指導している。

 野茂英雄氏が候補に挙がっている全米野球記者協会が選ぶ競技者部門の殿堂入りは、来年1月8日に発表される。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年12月10日のニュース