阪神 呉昇桓が来日 韓国セーブ王「緊張感や期待感、不安もある」

[ 2013年12月10日 12:10 ]

来日した阪神の新外国人、呉昇桓投手

 阪神の新ストッパーとして期待される呉昇桓投手(オ・スンファン、31)が10日、関西空港着の航空機で来日した。通算277セーブの韓国プロ野球歴代最多記録を引っ提げ、新天地に臨む右腕は「目標は優勝。少しでもチームの助けになるように頑張る」と引き締まった顔で話した。

 2年契約で移籍金などの総額は推定で8億5000万円。北京五輪やワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場するなど経験は豊富だが、日本球界挑戦には「緊張感や期待感、不安もある」と話した。

 異国での新生活には「(関西は)韓国人が多いので、すぐに慣れられると思う」と適応に自信を見せた。12日に「早く見たい」という甲子園球場で施設を見学し、13日に大阪市内で入団会見に臨む予定。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年12月10日のニュース